14→15

あけましておめでとうございます。今年は、部署の移動、結婚、同人誌の発売がありまして、30を手前にして駆け込んだ感ありますね。かけこみドクター。特に、同人誌の発売なんて、30入ってからやるのとやらないのでは、なんか違う気がしますよね。そうでもねえか。何といっても年末のトピックスとしては、古館伊知郎の「トーキングブルース」ですかね。9割位、そこから派生していろいろと考えていました。特に「場を持つということ」について。僕が好きな人たちは、幸せなことに、場を持っているんですね。自分達の場。バナナマンでいえば、紅白で副音声をやっていたのですが、それがラジオ「バナナムーンGOLD」のノリのまんまで、紅白で「バナナムーン」やっちゃっているよと興奮しちゃいました。もちろん、めちゃくちゃ面白かったです。ずっと副音声聞いていました。今風にいえば、コンテンツってやつですか。それを持っているといないでは、違うと思います。今の時代、テレビで売れるかも分んない、ライブでも食べられないってなると、自分達の場をどうするかっていうことについて考えなければいけない時代です。エレキコミックを見習うべきなんです。社会人やりながら芸人する時代が来ればいいのにって本気で思います。平日は仕事やって、土日にライブや営業というのが一つのゴールでもいいんじゃないですかね。芸人だけやることにロマンを感じる時代でもないでしょう。後の残りの一割は、トラウマにもなっている、高校生の頃一週間だけ付き合った子と、10年ぶりに再会したことについてなんですが、まあそれはおいておきましょうか。妊娠していたし。広末涼子にも若干似ていて、破顔したように笑うのは相変わらずだったし、俺も変わらず全然喋れなかったし。部活の前と後に喋っていたあの瞬間に一気に戻ってしまいました。まあ、それはどうでもいいんです。旦那もいたんですが、スタバでマック開いていましたけど。それはどうでもよくないな。ベタかよ。人見知りだから、その人と話している間、旦那のほうを一切向きませんでしたけどね。そこらへんの話は、「選TAXI」について書くときにオチに使おうと思います。自分のつぶやきで「コミュ障とか、非リア充だとか、簡単に手に入れられるもんで、アイデンティティ確立しようとしてんじゃねえぞ。そんなもん無料アプリみたいなもんだ。」というのがあるのですが、俺はそのアプリにガンガン課金しているからな。同人誌については、発売を2014年の目標として、まあ何だかんだいってやらないんじゃないかという大方の予想を裏切って作りました。今年も出せれば出そうかなと考えています。買ってくれた方へは本当に感謝しています。このご時世に通販という手でしか販売されていないものを買ってくれるなんて。ありがとうございます。で、思うことは次どうしましょうかねということです。今度はイベントに参加するっていうのも面白いと思いますけど、まあそれは超怖いですよね。売れるのが一冊目より少なかったらと考えるのも怖いですし。それはもうちょっと考えます。皆さん、遊びに来てくれますかね。文章だけだったら、他の人たちに負けてないですよ。あ、2014年に一番聞いたアルバムは昆虫キッズ「BLUE GOHST」です。本当にいいアルバムなんですよ。今年の灯台ワードこと、今後何かにつけパロりたい&引き合いに出したいワードをさらっと。東京03飯塚の「切り替えないほうがいいよ、その方が面白えから」、馬鹿よ貴方はファラオの「お前、それ新宿のホームレスにまんま言えるのか」、三四郎小宮「相方だったら、ツボ一緒であれよ」でした。自分の話に戻します。ごまかしごまかしやっていたのですが、もう完全に感性が死んでしまっていますね。だから、これからもっと新しいものを受け入れられなくなってくるでしょうね。それはやむを得ないことです。逆をいえばここからがスヌーピー言うところの、「持っているカードで勝負するしかないのさ」ってやつなのかもしれません。その持っているカードの深さ、鋭さを上げるために、昔見たものを見直したり、勉強したりしたいと思います。そんなこんなですが、今年もよろしくお願いします。極楽とんぼ山本のライブは、期限いっぱいまで考えて応募したいと思います。僕から以上。