一年間で10キロ痩せるためには「うまい食事と適度な運動」、「それだけ」で良いよという話

 昨年の2月あたりから、同期に誘われて運動を始めた。その時の体重は、大体67キロで、肥満体形だったので了承した。仕事を終えて、帰宅し、一段落した8時頃に集まって、運動するというもので、特にルールを定めず、一週間に2回くらいの頻度で実施した。行く日は、昼頃にLINEのグループに「今日行くよ~」と流してから行っていた。メンバーは複数人いたが、僕以外は子供がいたので、参加しない人がいる日もあったが、特に気にせず、行けるメンバーで運動し、一人で運動をする日もあった。そんなことを二カ月続けると、大体3キロほど体重を落とした。ちょうど、転勤が決まったこともあって、3月の中盤は週に二回ほど飲み会をあって、脳が常にアルコール漬けで摂取カロリーもかなり高い状態であったはずだが、体力の増加も感じられていて運動のペースは週三回ほどになっていた。
 運動の内容としては、筋トレをして泳ぐというもので大体、二時間くらいのものであった。筋トレのメニューは、腹筋や胸筋、太ももといった分かりやすいところと、腰痛に良いらしいということで背筋を入れたりしましたが、きちんと回数を数えていたりしたわけではないです。今も腰痛や腰のハリは感じるものの、めちゃくちゃ痛くて起き上るのもしんどいというのは無くなった気がするので、もしかしたら一定の効果が出ているのかもしれません。
 4月からは、転勤先での生活が始まったので、落ち着いてから再開しようと怠けてしまい、結局運動を再開したのは5月半ばくらいからだったと思います。そこでは、ランニングを週三回ほど続けました。そこから、半年ほどランニングだけでまた3~4キロ体重を落としました。水泳よりは体重の減りが遅かったので、短期でダイエットするなら、水泳の方がいいと思っています。
 体重でしか判断していないので詳しくは分からないですが、大体平坦な道を1時間程度ほぼ止まらないで走れるくらいには体力は増加していたと思います。持っているズボンが大きくなってしまったので新しいのを購入したりしました。Tシャツも増やしたり、あきらかにオシャレをすることに意識が出来るようになった程度の体型と心情にはなれました。
 そこから11月までは、ずっと体重は60キロ前後で停滞しており、60キロを切ったのは1度か2度しかなかったと記憶しています。そして、11月頃からは、寒さで外を走れないという状況になったために、また怠けてしまいます。1月からはプロティンを導入した自宅での筋トレを再開するも、結局この冬の間で3キロ増えてしまい、63キロほどになっていました。
 ちなみに自宅での筋トレはプッシュアップバーと、腹筋ローラーを使用していました。で、今年の五月からまた運動を再開しました。この運動は、上記の筋トレにランニングを加えたもので、9月現在の体重は3キロ落ちた60キロ台をキープしています。この間に60キロを下回ったのは3日ほどでした。
 先日、体組成計を購入しまして測定してみたところ、BMIや筋肉量、体脂肪率など全ての値で標準と出たので、そろそろ体重を減らすという目的からシフトしてもいいのかなと思っています。とはいえ、見た目的にはまだぷよぷよがついているので個人的にはもっとしぼりたいなとも思っています。というのが現状です。
この一年弱で、トータル10キロほど痩せるという、恐らくそんなに健康面からも無理のない痩せ方をして気付いた、痩せるための「うまい食事と適度な運動」を見つけましたので、紹介したいと思います。
 ちなみに高校生の時は部活で、大学卒業した後は食事制限でそれぞれ20キロ近く減らしたことがあるので、トータルでは多分50キロくらいは落としています。その経験の中から、今の痩せ方が一番健康的で理に適っていると思っています。
まず、食事についてですが、ほぼ制限はしていません。昨年は転勤先で美味しいものばっかり食べていましたし、アイスクリームは毎日食べています。美味しいものを、ノーストレスで食べるためにダイエットしているところがあります。旅行や飲み会などで好きなだけ食べるので、その後しばらくは、体重が増えるのですが、その後、2~3日ではその前に戻すことが出来るという状態です。
 一つだけ実践している特殊な食事としては、「バターコーヒーを朝食にする」というものです。ダイエット食品について何となく調べていた時に見つけたもので、コーヒーにグラスフェットバターとココナッツオイルを混ぜて飲むもので、何となく始めてみたら、未だに続いています。コーヒー1.5杯ほどでお腹空かないのかと疑問にもつ方もいると思われますが、意外と空きません。体調によっては、空腹を感じたりすることもありますが、その時は簡単なお菓子やプロティンを飲めばお昼まで充分持ちます。
ただこれ単体で痩せるのは、よっぽど今摂取しているカロリーが多い人(肥満状態)じゃないと難しいかなという実感もあって、個人的にはやっぱり運動しないと標準体型にはもっていけないと思っています。ただ、飲み会の後とかすぐに元の体重に戻るようになったのはこのお陰かなとも思っています。
 完全食品というのもあるみたいで、それはバターコーヒーより摂取カロリーは高いのですが、ダイエットから脱却宣言をした今ではそこに移行してもいいかなとも考えています。
 バターコーヒーを継続出来ている、個人的に思うメリットというのが、「朝食について何も考えなくていい」というものがあります。いわゆる「時短」テクニックの一つで、コーヒーメーカーでコーヒーを作っているあいだに、出勤の準備をして、出来あがったら、バターコーヒーにして飲む。朝食が無いだとか、食べ過ぎて朝からお腹がパンパンで、仕事に集中できないとかそういうストレスが全くなくなりました。これは凄い!
 メンタリストのDAIGOの本で読んだ、脳は選択時にMP(マジックポイント)を使用する理論というのは、朝から些細なことでも、選択をすることは脳のエネルギーを消費するというもので、その面からも効果があると実感しています。
コーヒーが全く苦手な人の場合は、ホットミルクでも(ブラックコーヒーよりはカロリーが上がるけど)、出来るはずと思います。
 僕は毎日アイスを食べるのですが、一時期アイスボックスばっかり食べていました。アイスボックスはカロリーがめちゃくちゃ低いのと、アイスを噛むことで満腹中枢が刺激されるからかそれだけでも充分に満足できてしまう優れものでした。僕みたいに甘いモノを食べたい人は、アイスボックスを取り込んでいいかもしれません。
 さて、メインの運動についての話しです。結局、痩せるには運動するしかなくて、ただその中での一番の問題は、「運動を継続させること」だと思います。
 僕が運動を継続させることが出来ているのは何故か、と考えた時に、続けられているのは高校生の部活だったり、同期と遊び半分で始めたものだったりするということに気が付きました。
 結局は「1人でやることは相当モチベーションが必要なので、継続するためには大なり小なりの強制イベントとすることが良いんじゃないか」という結論に到達しました。
 で、同期を誘おうとしたのですが、環境も変わったので、グループとしてもう一回上手くいくかは不安だったので、それならば、と半ば実験的に、ツイッターでの友人を募ってLINEグループ「運動頑張るズ」を結成しました。
余談ですが、僕は、ツイッターでの仲が良いオーバーザ30の人達と「カメラを止めるな!見ました?」とか「KOCの決勝進出者一人漏れちゃいましたね!」というLINEグループを作りたいという夢を持っています。グループ名は「ゼロ年代の残滓」か「アクマ凡人(『ピンポン』のアクマが好きな凡人、キン肉マンの悪魔超人にひっかけた面白いやつ)」。
 この「運動頑張るズ」の活動としては、全くバラバラの地域に居住しているので、一緒に運動に行くことは出来ないので、報告のみになります。
「ランニングしてきました」とか「筋トレしました」という事後報告はもちろんのこと、特にこのグループのメリットを感じるのは、「行きたくない時に宣言をして、強制イベントとして発動させる」というものです。例えば、前回の運動から間が開いて、そろそろいかないといけないけど、いまいち乗り気になれないというときに、「今から行きます!」と宣言することで、行かざるをえなくなるので、結果、運動することになる。しない善より、する偽善みたいな話もありますが、運動は乗り気じゃなくてもノリノリでも同じだと思います。
 この報告や宣言も「行きます!」「やります!」「やりました!」みたいな簡単なものでも良いし、備忘録的にやるおおまかな内容を書いたりもします。たまに「NHKの筋トレ番組やるらしいですよ!」とか「プロティンについてまとめたブログありました!」的な情報をシェアしたりします。
 ほぼ独り言のような感じになりつつも、見られているという意識が生まれたり、触発されたりするのですが、意外とそれだけで運動継続のモチベーションにはなっています。まさに「ひとりじゃないってすてきなことね」という天地真理状態である。
わざわざLINEグループじゃなくても、ツイッターのDMのグループを活用してもいいですし、本当に継続したい人を集めたらかなり、効果は期待できると思います。それぞれの生活や体力の量に合わせられますし。
 とまあ、僕が一年間で10キロ痩せることが出来た理由は、この二つに尽きると思います。

 今後の運動はランニングと筋トレ(NHKの筋トレ体操のやつ)にして、筋力量の増加を意識していこうと思っています。


以上!
同人誌をBOOTHでの販売始めました。
https://memushiri.booth.pm/

質問箱です。
https://peing.net/ja/memushiri