町田コーを読むとそういう文章を書きたくなるよね。

アメトーーク』の「カメラかじってる芸人」を見ました。2013年に放送したものだったのですが、今も面白かったです。

いまさらですが、小藪無双をリアルタイムで見逃していたことを後悔するほどに笑いました。

小藪の撮るべきものは半径5Mの世界である、技術や道具はそれからという至極まっとうな主張で、改めてカメラが欲しくなりました。

このTVショーをサナトリウムで見ながらぶつぶつ呟いてたらふと気付いたのですが、そのつぶやきが小藪とかなり合致していて、あ、小藪とニンが近いんだなと、嬉しくなりました。イキりを逃さない。設楽さんも逃がさない精神の持ち主ですが、それよりも理詰めで、おっとろしいもんで、そこに強いシンパシーを感じる。

つい先日も、武田砂鉄がナンシー関の本の帯に「ナンシー関に賞味期限はない」みたいなことを書いているのを見かけて、あほか、人間が人間のことを書く以上、ましてや、タレントっつー俗物の権化、大衆の鏡を批評するという仕事をして、それがウけていたんだぞ、そらそんな文章に賞味期限があるわけないやんけ、ほなあれか、きみは、司馬遼太郎の小説の帯に「司馬遼太郎に賞味期限はない」って書くかいな、それ見た人は、そらせやろ、なんやこいつ、平成も終るというのに映画泥棒をいじったCMを作って、クリエイター気取っている広告代理店が、飲み会で十把一絡げの後輩の就職活動中の女子に向けた「まあ、どんなに大きな会社に入っても何をするかっていうのが一番大事だから。本当に出来る人は、入社式の時点で、会社を辞めるためにはどうすればいいか考えているもんだよ。そんなことよりセックスしない?」っていうアドバイスくらい何も言っていないのと同じやんか、そんなことも気付かんと今更こんなあたりきなことをこれ見よがしにドヤ顔で帯にしてだっさ、ああ、それより、高崎山の猿のことが気になってしょうがないなあ、猿ですら餌のレベルが下がったという理由で、ストライキをするというのに、日本人はデモをしてもストライキをしやがらない、みんなで税金納めるの辞めて、仕事行くのを辞めればええんや、そんなことより、最近TUTAYAから成人コーナーが消えて、なんかそれってご時世だからしゃあないですやんって感じにしても、今までTUTAYAが培ってきた文化を打っ棄って、梯子を急にはずすなんて、殺生やでご無体やでと思ったくらいですし。

つーわけで買ってきました。

ガンガン写真を撮りたいと思います。

ミニにタコ!!

 

 

f:id:taira-bon:20181117162730j:plain

f:id:taira-bon:20181117162126j:plain

f:id:taira-bon:20181117162613j:plain

f:id:taira-bon:20181117141337j:plain

 

f:id:taira-bon:20181117142625j:plain