石をつかんで潜め(Nip the Buds)

ex俺だって日藝中退したかった

重要な夢の競演のお知らせ。

どうも、こんばんは。
それはともかく、アイドルファンは重要なお知らせという言葉を、お笑いファンは夢の共演という言葉に苦い思い出を持つといいますが、当ブログより重要な夢の競演のお知らせがあります。
「俺だって日藝中退したかった」というブログをしばらく書いていたのですが、特に、コラムの執筆依頼が来ることもなく、売れる気配がないので、本にして売ることにしました。いわゆる、同人誌ですね。

ラインナップは


(1)君は『Qさま!!』での吉木りさを目撃したか。
(2)「2013年のラジオたち、これからすごいことになるぜ」
(3)中国人の罠にひっかかった話と、お金の話。
(4)『泣くな、はらちゃん』は一話が100点
(5)深夜に届いたラブレター
(6)ここは忙しいけど、迎えに行くぜ。
(7)妻の名は希望
(8)『超落語!立川談笑落語全集』は悪書である。
(9)頭をデザインする番組『考えるカラス
(10)伊集院光の「同窓会に行った話」
(11)コサキンが『ウチくる!?』DEワァオ!
(12)3本の漫才
(13)アルピーだって決勝行きたかった。
(14)『ダイノジ大谷のANNR』〜ぼくがブロガーになった理由〜
(15)お笑い界のPerfumeを見に行ったら、ももクロに会えた。
(16)種市死ね
(17)いつも心に加藤浩次を。
(18)ボクらの想像力の時代
(19)テレビを体感する番組『リアル脱出ゲームTV』
(20)政見放送かと思ったら、長井秀和の漫談でした。
(21)僕達は「恋するフォーチュンクッキー」が名曲だということと、指原莉乃のアイドルとしての正しさを混同すべきではない。
(22)くりぃむしちゅー上田の天下取り宣言
(23)『安堂ロイド』は電波豚ブーブくんの夢を見るか
(24)古美門研介の捲土重来を期せよ。
(25)グランジ遠山の、見る前に跳べの精神
(26)深夜ラジオ流行語大賞13&ベストラジオ13
(27)死にたい死にたいって言いながら生きていくからな、ずっと。
(28)異形のコント師日本エレキテル連合
(29)それぞれの「実存のゼロ地点」
(30)小説を応用するために、筒井康隆『創作の極意と掟』を読もう。
(31)JAPANESE PARTYバスツアー日誌『愛の渦』
(32)三四郎の、オルタナ漫才絶対頑張ります!
(33)スポットライトの中に立っていてね。
(34)「愛は愛でいつかどこかにたどり着くさ」


以上の34本です。
全部で10万字くらいあります。元記事は、ブログの中にありますが、かなりの加筆修正を加えました。自分でいうのもなんですが、かなり読み応えはあると思います。ほとんどが、上記のタイトルで、このブログに散らばっているので、気になる方は、読んでみてください。もし面白いと感じてもらえれば、今回の本は満足してもらえると思います。2011年から2014年上半期までのテレビラジオの感想と、年齢分の業を詰め込みました。
よろしくお願いします。


☆『俺だって日藝中退したかった』通信販売の流れ

①直接購入
※個人的な事情により、沖縄県にお住まいの方は、②をご利用ください。

(1)以下の必要事項を記入しmugen.channel.boxアットgmail.comまで送信して下さい。

名前:
住所:(クロネコヤマトの各事業所止というサービスもあるので、そちらを利用されたい方は、最寄の事業所の住所をご記載ください)
購入冊数:(1冊:820円)


(2)注文メールを確認後、不備がない方には、お支払い合計金額と支払い口座番号をご返信します。遅くても翌日には案内のメールをお送りしますので、届かない場合は、こちら側のメールが上手く送信出来ていないか、Gmailが弾かれている可能性もあります。
お手数ですが、再度の注文のメールをお送りするか、PCからのメールも受信できるように設定をしなおしてください。
1週間以内に入金して頂けると助かります。過ぎてしまう場合は、その旨を添えててもらうか、再度のメールを送信してもらえるとまたまた助かります。

例えば、一冊ご購入の方は、820円と送料180円の計1,000円のお支払となります。

(3)入金確認後、『俺だって日藝中退したかった』をスマートレター(郵便)にて発送します。


②BOOTHでの購入

(1)下記サイトをご確認ください。送料の分、直接購入より高くなっています。また、送り主にも住所が分からないようになっております。

memushiri.booth.pm



ツイッターやっています。
https://twitter.com/memushiri

サンプルです。

f:id:taira-bon:20140823095105j:plain

ベストラジオ20のための備忘録

 年末にやるベストラジオ20のための備忘録です。昨年何の気なしにやったら、ベストラジオのときにめちゃくちゃ役に立って、満足いくものになったので、今年もやります。まじでメモ程度です。

「東京ポッド許可局」

 印象深いのは、「この志村けんが好き 論」、「そうだったのか!パソコン論」あたりは面白かったです。

 


 ただ一番は「おじさんアップデート論」で、その直近でのオードリーのANNでの若林のトークともすこしだけリンクしているのもスピってました。

 

 
伊集院光の馬鹿力」
良い意味で番組自体は変わらないのですが、一番は、リスナーとして、心を改めようと思ったことがありました。それは、妻も馬鹿力リスナーなのですが、子供が産まれてから聞けていなかったようで、でも、最近、その時からを順を追って聴いているという聴き方を始めて、そういった大事にして聞くという聴き方もまた、あるべきリスナーの姿のひとつだなとやけに感動したということがありました。
自分はラジオを貯めちゃうと、適当な順番で聴いたりするようになっていたのですが妻の姿を見て、考えを改めて、馬鹿力に限らず、とりあえず放送順に聞くようになったのがこの上半期でも一番自分のなかでの小さな変化です。でもそれを実践したら、聴いている全てのラジオでそれが出来て、きちんと追いついたので、心に余裕が出来てラジオを前よりも楽しめております。
 あと、馬鹿力カードを収納出来るファイルをずっと探していたんだけど、いい感じのケースが無印良品で売っているのを発見、購入し、ファイリングしたところ、興奮するくらいに良い感じに収まり、また投稿しようかな、という気持ちになっています。
 伊集院さん関連で言えば、『とらじおと』での「三遊亭円楽」ゲスト回での、やたらと甘えているような伊集院さんの姿と、その流れで円楽と落語をやるという流れになったことに驚きました。ちなみに、その場かぎりでの話かと思いきや、みむこじラジオにゲストに出た時、最後に告知することはありますかと尋ねられた伊集院さんが照れくさそうに、「落語やることになっちゃいました」と言っていて、他の番組でそういったことで俄然現実味を帯びました。
 あと、そのなかでひとつ思ったのは、伊集院が伯山との対談で機嫌を損ねたのはここにあるんじゃないかとピンときました。当時の松之丞から、落語はやらないのかという旨を聞かれたことが一番の原因だったのじゃないだろうかということです。伊集院としては落語をやりたいけれども、落語家を廃業した身であり、自分から落語を出来ないし、師匠にも落語をやっていいですかとは、師弟関係からしてそれは出来ない。となると、師匠から、お前落語やれよと言われるしかなくて、そのために、伊集院としては数年のスパンをかけて外堀を埋めている真っ最中だった時に、松之丞に落語をやるやらないの話を振られておかんむりになったんじゃないかということです。
そこら辺の機微を松之丞が分からないはずはないんですが、かかっていたのか何なのか、でもそう考えると全てが腑に落ちる気はします。何にせよ、落語会楽しみです。
あとは、金子Dが、バナナムーンのADジャニオタと結婚したことで、月と金がうっすらとつながったことは、何となくうれしかったです。


宮下草薙の15分」
 馬鹿力の裏で15分だけひっそりと放送されてているこの番組。実質10分弱のラジオ、短いからというわけではなく、トークも関係性も面白いので、聴いています。詳しくは、ブログの「宮下草薙、知れば知るほど、分かんねえよ!」をご覧ください。

「アルコ&ピースのDCG」
 平子っちが家族でツイスターゲームをやったことからの、平子っち奥さんの学生時代の様々な疑惑が飛び出したあたりはめちゃくちゃ面白かったですね。ハバケン。
 「江戸の凧揚げ漫才」を月笑で大外ししたトークなんかもありました。その他だと、「がんばり山」など。
 「母親がスマホに変える」や「おばあちゃん」の話など、酒井ちゃんのトークの上達っぷりもめざましいのだが、その反面、コーナーが削られまくっているのが寂しい。
 アルピーファンにとっての一番の事件は、としまえんの閉園が決まったことでしょうか。


爆笑問題カーボーイ
 今年のカーボーイは凄いですね。鬼越ゲスト、神田伯山ゲスト、CD田中殿堂入りSPとイベント時の面白さはもちろんのこと、平場でのトークが面白かったり、大事なことしか話していなかったりフォークダンス桶田のことを話したり。岡村隆史の舌禍騒動におけるトークや、タイタンライブ前のネタ作り奮闘記だったり。
 まさかコロナの影響で、CD田中がストップするとは思いもよらなかったのですが、

 

 



「ハライチのターン!」
 あるある年またぎから始まったハライチの快進撃、今年は特に凄かったですね。
 ブタメンおやつカンパニーやCASIOによるキギョックスフレンド、ダブルチーズバーガー論争、坂下千里子生誕祭、おかえりクソ寅さん、DCGと共鳴する澤部家のツイスター、ドリームマッチをきっかけに勃発しオードリーにまで飛び火した「ネタ書いているやつ書いていないやつ」論争、めちゃくちゃ盛り上がったサンリオキャラクター大賞からのケロッピDTMソング発表、ランク王国のラルフモノマネの盛り上がりからのまさかの声優がゲスト出演、ふぅざけんなよぉー。
地味なやつで言うと181回目のターンでの「【今週の澤部さん】セクシーなDVDが大好きな澤部さん。売れる前からDVDを借り、小金を持ち始めると自分へのご褒美としてラーメン花月でラーメンを楽しんでからアダルトショップへ行くゴールデンコースを楽しんでいた澤部さん。」のトークは良かったです。
でも、一番は、伯山ゲストのカーボーイを見学しに行っていた回です。

 

「ナインティンナインのANN」
舌禍騒動より聴き始めて、今に至りますが、めちゃくちゃ面白い。知らなかったナインティンナインで、ラジオと言うよりは、ナイナイのゆる深夜番組が始まったような気持ちで楽しんでいます。SPWでのゲストなどが楽しみです。

 


「スカート澤部のNICEPOPRADIO」
相変わらず、音楽に明るくないけれど地味に聞いています。シティポップ特集の回は良かった。シティポップは明確な基準がないみたいで、それはまるでお笑いで言うとシティ派コントであり、立川談志がいう江戸の風であり、アンジャッシュ渡部がいうヒューマンステージであり、僕が言う土着コントだということも初めて知りました。

 

「問わず語りの神田松之丞改メ神田伯山」
2月に神田松之丞が伯山となり番組名も変わった問わず語り。
印象深いのは、猪木との対談のトークでの、猪木の描き方がまさに講談でした。テレビではありますが、NHKでのファミリーヒストリーも面白かったです。まさか格闘家の血が流れていたとは。
あと、忘れてはいけない春日事変では、他人のコンディションを見抜くことの重要性を学びました。そもそも伯山は心のディスタンスがコロナ以前よりずっと測れてないのよ。

 

マイナビラフターナイト&真空ジェシカのラジオ父ちゃん」
 マイナビラフターナイトは、コロナの影響で、収録ライブが中止になってしまっていたので、その対応策として、ラフターナイトに出ていた芸人同士の対談を行っていて、地味ですがそれらは聴いていて楽しかったです。なにより、カミナリのたくみ君が言っていた、ラフターナイトは有難かったという言葉を聞けたのは嬉しかったです。若手芸人たちはあんまり何とも思っていないのかなと思っていたので。
 真空ジェシカのラジオ父ちゃんもきちんと聴いています。ドキュメンタリー性では空気階段の踊り場に負けるかもしれませんが、平場の面白さは勝るとも劣らないかもしれないくらい面白かったです。現実屋劣る。
 最近のラジオ、地味にコーナー群雄割拠時代なのですが、一番好きなのが、ラジ父でのぷよぷよ連鎖ボイスかもしれません。
 面白かった回はエロ漫画あるあるカルタと、#8のパーソナルな話の回。真空ジェシカへは、尖ったまま売れてほしいという気持ちと、売れるにはもっと可愛くならないといけないのではないかという気持ちがせめぎあってしまいます。
 オススメラジオですので是非聴いてほしいです。応援しています。
 

 

 

バナナムーンGOLD

 深夜ラジオは、ストックが切れて総集編が続いてから演者間の距離を開けての収録が再開するといったテレビより、コロナ禍の影響によるパーソナリティの心情のグラデーションが明確に出ていたと思います。とくに馬鹿力での伊集院フリートークなどはそれで、それももちろん重要な記録にもなるわけだし寄りそう形にもなるのですが、でもそんな中、バナナムーンは、一切、それらを感じさせず、リスナーにはむしろ忘れさせるような放送で、この数カ月はとても楽しかった。これで救われたリスナーは相当多いと思います。スイカチャレンジ回は最高でした。さらにそこに来てのADジャニオタの結婚回は、その盛り上がりの一つのピークでしたね。
 破局したにゃんこスターを始め様々なゲストが来たりしましたが、オークラが放送中に歯を抜いたのも無意味で楽しかったです。隠れ飯もまだ盛り上がってます。
日村クエストも大事なイベントでした。

 

 

 

霜降り明星のANN0
 騒動以降の二周しか聴いていませんが聴き始めようと思います。二時間ぶっ続けのポケひみは凄かったです。
 ナイナイもそうですが、お笑いの凄さはやはり、正しさだけでは辿りつけないアクロバティックな着地を見せてくれるところです。
 転ぶ姿で笑って、立ちあがる姿で感動したいです。エモくなりすぎずに。
 霜降りといえば、爆笑問題とのラインが太いのが熱い。

 

藤岡みなみのおささらナイト
 ナイポレ同様、音楽を摂取するために聞いてます。

 

オードリーのANN

 SPWの「TAIGA&ぺこぱ」ゲストの回、春日がお父さんになった回、アメリカからの綾部ゲスト回は印象深いですね。あとは若林の家庭トークなど。オードリーもコロナ禍でのイライラを忘れさせてくれるほどに、楽しいラジオです。

 

空気階段の踊り場

 ラフターナイトとの併設の枠から移動して二カ月。コーナー盛りだくさんで、まだまだ面白いです。
印象深いのは、第144回「もぐら幼少期の思い出」とそこから膨らんだ北野映画っぽい話と空気階段の踊り場 第149回「泊まりもぐら(加賀編)」、第162回「I”sをキミに…」ですね。

 

さらば青春の光がTaダ、Baカ、Saワギ
勝ち抜き!東ブクロの嫁決定戦の噂を聞いて聴き始めた番組。そこからの数週間がひどすぎたのですが、流れで今も聞いています。みんなが愛の不時着と騒いでいたのはこの番組のことかもしれません。
AV女優のツイッターをリスト化してチェックしてたりするのですが、急に怖くなってリストから外すことがよくあるのですが、そんな感じで聴かなくなる可能性もある番組。

 

落語DEデート
落語を聴くために落語パートだけ聞いてます。最近は漫才も流しているのでそれは嬉しいです。


通常聴いてるラジオのメモはこれくらいですかね。
 続きまして、単発等のラジオのメモです。

 ACTIONでの、パンサー向井のゆず語りは良かったです。僕が世界で一番好きな方程式2を出してくれてありがとう。好きな物語りでいうと松岡まゆのマチネの前にでのピクミン話も良かった。ANN単発関連で言うと鬼越、赤もみじは良かったですね。まあ、なんといってもシカマンの真の最終回はもう間違いないでしょう。

 

 

 



以上ですさようなら。

岡村による舌禍事件を受けた爆笑問題カーボーイを聞いて思っちゃったこと。

 『爆笑問題カーボーイ(2020.5.5)』では、オープニングから45分をかけて、ナインティンナインの岡村の舌禍事件を受けてのトークが繰り広げられた。太田がメインとなったそのトークは、全方位に配慮しつつも要点をきちんと抑え、そしてそれに笑いも交えるというもので、何でこんなに論理的な思考が出来る人が、割り算出来ないんだ、あと、お小遣い0円ってどういうことだよと思わずにはいられないほどに、聞き入る放送となっていた。
 「いやあ、やっぱり何かあったときの『爆笑問題カーボーイ』は神回だなあ。太田さんは優しいなあ」
 いつまでもそれで終わっては駄目だということに、いい加減気がつかなければならない。今の日本で、まともなことを大多数の人に向けて発信出来ているのが爆笑問題太田光と、伊集院光くらいしかいないという世の中はなかなか狂っているなという認識はずっとあって、この二人に代弁してもらったように思い、全てを終わらせた気になるのは甘えであり、そろそろきちんと自分で考えるということをしていかないといけない。岡村による問題の発言以降、要点を掴めず右往左往してしまい、全てにおいて受け手となるしか出来なかった我々のような有り余るほどに深夜ラジオへの思い入れがあるリスナーは、ここから、思考することを始めなければならない。
 『HUNTER×HUNTER』での一幕に由来する、正しくは「沈黙!!それが正しい答えなんだ」がいつの間にか「答えは沈黙」へと変容してしまったインターネットスラングがあるが、黙るにしても、思考の末に黙るのか、ただ黙らざるを得ないから黙っているのかでは、ストレスの度合いが違う。
 つまりは、喋るにしても、黙るにしても、思考しなければならない。
本来であれば、太田のように、何故それが問題発言となるのか真の意味で理解したうえで、岡村の発言を批判しつつ、岡村さんの人間性と深夜ラジオの特性を擁護するなど出来なければいけなかったのだが、まず、批判と擁護という言葉について最近思っていることから説明したい。
 いつからか、この二つの言葉は、敵か仲間かを判断するための言葉に成り下がった。それはまるで、陣地のパーセンテージを増やせば勝ちという『スプラトゥーン』のようだ。飽きるまで終わらない、でも忘れられないその無料のゲームは、分断を産みつづける。
 そういうことからも、自分も含めて、批判しつつ擁護をするということが出来る人がいなくなっている現状はとても危険であり愚かであるので、まずは、「批判する」と「擁護する」という行為について改めて向き合い、取り戻さなければならないと考えている。でなければ、万が一、太田光が問題を起こした時、誰も守れなくなる。
 そのためにも、太田がこの件について、どのように語ったかについて、確認することから始めたいと思う。なお、深夜ラジオの書き起こしというのは、てにをはから始まり、言葉の詰まり方、呼吸の取り方を句読点で表現するなどして、細部に気を配らなければいけないし、そこまでしなければ絶妙なニュアンスは再現出来ないという不文律があるが、今回は敢えてそれを破る。そのようにしても、太田が語ったことの強度と柔軟性は損なわれることはないということもあるが、語り口で誘導するのではなく、批判と擁護のためにすべきことを抑えたいからであるということをご理解いただきたい。
 今回の件は大まかに「貧困」「女性差別」「深夜ラジオ」という三つの要素が絡み合っているが、太田はまず貧困についての説明から入る。若者の貧困が問題になっているのは、ずっと前からであり、新型コロナはあくまできっかけではなく、そこに追い打ちをかけるように現れた問題であり、若者の貧困それ自体は、住む家そのものがないということから、ただでさえ少ない給料から奨学金を返さなければならないといった程度の差こそあって、全く関係ない人もいるかもしれないがそれは恵まれた一部の人だけで、ほとんどの若者に無関係の話ではないことであり、さらにはそれを改善させるための運動をしている代弁者がいるという背景とその切実さを説明する。
 それから太田は、続けてフェミニズムの問題について話す。若者の貧困と同様に、性産業ひとつをとっても、例えば、セックスワークをすることは男性からの性の搾取であるから無くすべきだという考えもあれば、性を売りにすることも女性の自由であるから働くことは自由であるといった考えがあるように、性風俗産業だけでも、見解にはグラデーションがあるが、政治的な、構造的な理由によって、性風俗に限らず望まない仕事、ブラック企業への就職などをせざるをえなくなるということへの反対意思であり、憲法第22条で定められている「職業選択の自由」が守られていない、権利が阻害されていることであるということはどの立場からでも一致しているところだろう。仮に性風俗産業に流れ着いたとしてもそんなに儲けられるわけではないという事実もあり、だからこそ、もちろんそれは貧困の問題と大きく重なる部分が存在する。
 最後は深夜ラジオという場についてだ。爆笑問題が話していたように、深夜ラジオというのは、もともとは人気者が一時的にするものだった。それをいつまでも続けていいものに変えたのが、他ならぬ伊集院光爆笑問題、そしてナインティンナインであることは間違いないと思うが、だからこそ長く続けてきたことによるパーソナリティーとしての葛藤や、リスナーとの連帯から、それらがあるゆえに生じた一種の油断のようなものまで、発言にいたったことまでの背景を太田は話す。
 深夜ラジオに限らず、ラジオというのは、時間こそ限りはあれど、面白ければハチミツを買いに行ったみたいな話を延々と出来るというのが一番の魅力だろう。それを端的に表すエピソードがその日に生まれた。それは、『伊集院光とらじおと(2020.5.5)』にて、伊集院光の師匠である、三遊亭円楽がゲストに出演して、話しの流れから、伊集院と円楽が二人会をやるということになった。そのネットニュースの見出しは『伊集院光が師匠・円楽との“二人会”挑戦へ「僕、落語やります」ラジオで語る』だったが『深夜の馬鹿力』を二十年近く聞いている身からすれば、そんな簡単な話ではない。かなり前から、伊集院は、落語を一人で散歩がてらさらっていたりするというトークをしたり、『とらじおと』が始まった頃に円楽にゲスト出演してもらったり、正月に挨拶に行った話をしたりと、徐々に徐々に伊集院としてはかなりデリケートに外堀を埋めてきたはずである。そして、今回の放送でやっと、円楽のほうから、「二人会をやろう」と言いださせたという経緯がある。師匠と弟子という付き合いは続いていたとしても、伊集院は落語を止めた身であり、伝統芸能の世界では、そんな伊集院からは、いくら落語をやりたいと思っていたとしても、師匠に対して二人会をやりましょうというのは言いだせることは絶対に出来ないことであり、だからこそ、円楽から強制的に開かれるという方向に持っていかないと行けなくて、それまでの伊集院の作戦は、十何年前に『Qさま!!』で共演したところから始まっていたとも思えるし、この日の放送での、いつもよりも甘えているような伊集院の円楽への対応は決めに行っていたとも深読みが出来るわけだが、そのくらい余白がある案件でも、ネットニュースに上がってしまうと「タレントが落語をやる」くらいの味になってしまうんだなあ、とそのざっくりさに複雑な思いを抱いたばかりであったが、それくらい、ラジオでの話しは、よく言えば繊細、悪く言えば、聞き流してくれよ、放っておいてくれよという思いに成り立っていることは、否定できない。
 本当に今回の岡村による舌禍事件は、様々な問題がバッティングしたことによることであると思うので、だからこそ、岡村一人を糾弾すれば良いというものではない。しかし、その分、考える責務をリスナーも負うべきだろうと考える。
 太田は終始、重なるという言葉を使っていた。それは、分かりあえないはずはないという希望であり、それをリスナーに伝えるために使っていたはずだ。
 『ONEPIECE』には光月おでんによる「異形を恐れるは己の無知ゆえ!!」というセリフがあったが、我々は、フェミニストに限らず、深夜ラジオやバラエティ番組を批判する人を異形だと思ってしまうのだが、それは主張を芯から理解しようとしていないからであり、せめてベースとなる知識くらいは得るべきだ。
 太田は、あくまで、岡村の知識の無さからくる配慮のいたらなさをやんわりと指摘した。矢部が30年越しに返した「性格変えろ」はすぐには難しいかもしれないが、知識を得ることは案外簡単だ。もちろん、難しいのは自分と他者を接続するための批判と擁護が出来るようになることのほうだ。でも、知識を得ることでしかスタートラインに立てない。

 きっと何度か失敗はするかとも思うが、いつかは出来るようになるはずだ。我々はそれを、誰あろう岡村隆史から学んだはずだろう。

早稲田文学会『「笑い」はどこから来るのか?』での渋谷知美さんの文章が良かった件

 早稲田文学会が発行している『「笑い」はどこから来るのか?』を読んだが、そのなかで、社会学者の渋谷知美が書いた「お笑いとジェンダーについての覚え書き」という文章が、感動を覚えるほどに良かった。まず、『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコント「実業団選手権大会」の説明から入る。ここで、筆者が最近見たネタではなく、若かりし頃にリアルタイムで見たコントについて書かれていることで、これから書かれることは血が通った考えであるということが分かる。
 渋谷は、この3分にも満たないコントから、<当事者間で「常識」「当たり前のこと」として通用するルールも、部外者からすれば意味を成さないのであり、ひるがえって、私たちが生きるこの社会に「常識」「当たり前のこと」として存在する諸々のルールも実はナンセンスなんじゃないの、ということ>を学び、そこから<フェミニズムもお笑いもこの社会を俯瞰する視点を授けてくれるものという認識には変わりがない>と、大方が、フェミニズムとお笑いは相性が悪いものと認識しているであろうなか、<お笑いとフェミニズムジェンダー研究を架橋すべく>とも述べているように、敵対しあうとされている両者の接続を試みる。
渋谷は、ジェンダーおよびフェミニズムの話と、お笑いの話をシームレスに行き来するが、その美しさはまるで『ドリームマッチ2020』で披露された千鳥大悟とハライチ澤部による千鳥とハライチのマッシュアップ漫才のようだ。ちなみに、南海キャンディース山里とオードリー春日の漫才はミックスが想像を超えず、マッチングの時に山里が春日に二回振られたところがピークであった。
 そこから、渋谷はネタを書き起こし批評に入る。対象となったのは、コロナ禍のなかで、チェコの大統領となったヴァーツラフ・ハヴェルが反政府活動をしていたころのサミズダード(地下出版)のごとき配信「もう二度と松竹を辞める人間を出さないでおこうTV」をしている松竹芸能におけるディシデントである元ピーマンズスタンダードのみなみかわと、女性ピン芸人ヒコロヒーが、即席のコンビを組んで『M-1グランプリ2019』で披露したネタだ。
ネタの書き起こしといわれると、数々の炎上によるトラウマから、かまえてしまうかもしれないが、ヒコロヒーのセリフの、関西でも一部のエリアか、ダイアンのユースケしか使わないような濃い方言である「我(わ)が」という表現をそのまま用いていることから分かるように、ネタのニュアンスを損なわないようにするという渋谷の配慮が存分に窺える。
 渋谷は、みなみかわとヒコロヒーのネタにおける<「男芸人の生態」を浮かび上がらせる見事な構成>と、<男女を反転させて「女の経験」を描くことで「男の生態」の異様さが浮かび上がる仕組み>を取り上げ、さらにはAマッソの「進路指導室」のネタの解説へと続く。今や取り上げ方に寄ってそのスタンスがバレてしまうリトマス試験紙のようになっててしまった「進路指導室」のネタへも他とは異なる厚みのある解釈を提示する。
 これだけでも満足していたのだが渋谷はさらにここから、女性芸人がしがちとされる「恋愛/結婚ネタ」についてアカデミックなアプローチをもって取り組む。それは、若手女性コンビ燗々のお祭りに来たカップルのネタを見て、やっぱり女性コンビは恋愛をテーマにしたネタをするのかと思っていたら、繰り返し100回以上は見たと豪語する『M-1グランプリ2016』での和牛のネタも、同じシチュエーションであることに気がついて、フェミニストでありながらそのネタを恋愛ネタと思わなかったことに自身が愕然としたことがきっかけとなっているのだが、そこから渋谷は、当時GYAOにて配信されていた『M-1グランプリ2019』の全296組の三回戦のネタを確認して、本当に「女性芸人は恋愛/結婚ネタをしがち」なのかどうかの検証に取りかかる。やっていることは、悪意のない『水曜日のダウンタウン』だ。
 渋谷が作成した、コンビ名、そのコンビを構成する性別、ネタのタイトルがまとめられたこの一覧表は圧巻である。余談だが、タイタン所属のまんじゅう大帝国の「登山に行った」、キュウの「カリーが好き」は羅列されている様々なタイトルのなかでも異質で、それは誇らしくもあり、タイタンの漫才師の未来は明るいと思わされたりもした。
 そして、渋谷が出した結論はというと、やはり「女芸人は男芸人より恋愛や結婚を扱ったネタをしがち」というものになった。そもそも女性芸人のサンプルが少ないことが瑕疵であることは認めつつも、渋谷と読者が心の奥底で望んでいたような、実は女性芸人は、恋愛/結婚をネタにしていなかったというような結果は得られなかったわけで、渋谷も少し残念がってはいたが、とても興味深かった。
 渋谷の文章の締め方も最高だったのでぜひ一読してほしい。

今、ONEPIECE本編めちゃくちゃ良いです。

www.instagram.com

 

 いつものように、『ONEPIECE』のコミックスの最新刊を買いに本屋へと行ったら、思わず、『ONEPIECE』の販売促進用のポスターを見て写真を撮ってしまった。96巻のためのそのポスターは、ロジャー海賊団のイラストに、「あの日おれ達は世界の全てを知った―――。」という文字が書かれているものだった。『ONEPIECE』の96巻は、ポスターの通り、ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団が、最後の島に辿りつき、ひとつなぎの財宝を見つけるという過去が描かれているという、重要な巻なのだけれども、『週刊少年ジャンプ』の本誌を読んでぐっと来た、光月おでんが、ロジャーの処刑と、大海賊時代の幕開けを知って、ワノ国の浜辺を泣き笑いしながら、駆けるシーンも収録されている。物語上では、あまりに有名な一話の冒頭に連なるシーンであり、ここにきてさらに物語に厚みが増したわけだが、加えてこのシーンを本誌で初めて読んだ小学校高学年のころまで思い出した。
 現在のジャンプ本誌での『ONEPIECE』は、このワノ国の大名であり、ひとつなぎの財宝に到達するために必要な能力を持っている重要な人物である光月おでんの過去が描かれたあとに、現代に戻り、ワノ国の侍らが、ルフィらと力を合わせて、四皇の一人であるカイドウとワノ国の将軍である黒炭オロチをいざ討たん、そしてワノ国を開国せよ、というところであり、尾田栄一郎がずっと書きたかったというワノ国編は佳境を迎えようとしている。1000話、100巻に向けて、さらなる盛り上がりを見せるであろう。   
 決して新型コロナの感染拡大防止のための自粛による暇が出来たというわけではなく、あくまで本誌をさらに楽しむためにであると自分に言い聞かせつつ、『ONEPIECE』を、パンクハザード編から読みなおすことにした。パンクハザード編は、ワノ国の侍である、狐火の錦えもんが初登場するだけでなく、なぜ今カイドウと戦うことになったのかということが始まっていく重要なシリーズなのだけれど、そこからワノ国編までまた読みなおしたが、これまでは流し読みしていたんだなというくらいに、読みなおしてみると、その重要な秘密に対して丁寧にフっていたりということに気付かされて、めちゃくちゃ面白かった。
 ルフィたちと共闘している、錦えもんを始めとするワノ国の侍の主要メンバーである赤鞘九人男はとてつもなく強い面々なのだけれども、最近全員が集まり。パンクハザード編からドレスローザ編、ゾウ編を通して、適度に重要な秘密をフリ続けていたことが分かって
 実は、この赤鞘九人男のうち、錦えもんを含む数人は、トキトキの実という、未来に行くことが出来るという悪魔の実の能力者によって、過去から現在に飛んできていて、物語上では20年経過しているものの、錦えもんらからしてみれば数ヶ月前の話となっている。他の侍は、20年、ワノ国で、トキトキの実の能力を疑ったり信じたりしながら、過ごしていたのだが、全員がバラバラになっていて、なかでも一人の、傳ジローというキャラを一気に好きになってしまった。ネタバレになってしまうが、傳ジローは、二十年間、独りで、しかもオロチの下で正体を隠しながら、20年を待ち続けていたということが発覚し、それがめっぽう、胸にくるものがあった。
 数か月前のことだけれども様々なことがあった錦えもんら時空を飛び越えた者と、待っていた者、半ば疑い自由に生きていた者と、赤鞘九人男、熱すぎるので、読んでみては、読みなおしてみてはという話でした。
 

4/1~4/10までの日記

4/1
新年度初日。家庭の事情により、午後からの出勤。気持ち的に、新年度一発目は、フル出勤をしたかった。一応、別の班に異動になって席も変わったのだが、これまでの業務を行う。残業をすることになったので、フジテレビの志村けん追悼特別番組は、後日見ることになる。
「布マスクを二枚も頂けるんですか!?」とツイートする。

4/2
特にツイートもしていないので、何もなかったのだろうか。
新しい席になって二日目、ストレスがないことに気がつく。というのも、二日前まで座っていた席の、隣の班は、ずっと喋っていたり、電話も取るのが遅い、『ドンキーコング』のキングクルールみたいな体型のアルバイトのおっさんが女性陣に話しかけたりお菓子を毎日配る、昼休みの消灯時間に勝手に電気をつけたりすることを筆頭に周りが見えていない自己中心的な行動をしまくる最悪な老害と、それを仕切れず、挙句の果てには班員の陰口をいうクソダサムーブをかます班長と、粛々と仕事をしたい自分にとっては最悪な幻影旅団であったのだが、一日、離れるだけで、解放感が半端なかった。

4/3
そういえば、と思い、ツイッターのアイコンを、マスク姿にデコる。
折坂悠太の新しいアー写を見る。サインペンで書かれたような粗雑な折坂悠太が、口と顔にマスクをしているという最高さに、テンションがあがる。
折坂悠太は、太田光チルドレンなので、さもありなんである。
以下、TBSラジオ アフター6ジャンクション(2018.11.09)の書き起こし。 

あの、改めまして、折坂悠太と申します。ぼくはですね、何を隠そう、TBSラジオヘビーリスナーでございまして、あの、家ではですね、CDラジカセの上に、番組票が貼ってあ
るっていう。中学三年生のときに、あのぅ、あれは夜眠れなくって、深夜三時に、深夜三時じゃないですね、一時くらいだったかな。ラジオつけたら、まぁ、『爆笑問題カーボーイ』が流れてきて、で、そのとき、すいません、他の番組で申し訳ない、そのときに、コーナーとかすっ飛ばして、もうずーっと太田さんが、あのぅ、「人生は修羅だ」っていうことをですね、一歩間違えば、どういう風に踏み外すか、人間は分からないんだ、自覚的に生きろっていうメッセージをですね、ずーっと、こう。で、その時に、朝起きて、あぁ、これは凄いものを聞いたと思って、朝ごはん食べる時に、母に、あの、こんなこと喋ってて、凄いものを見つけてしまったって、伝えるんですけど、なかなか伝わらなくてですね。これを伝えるにはどうしたらいいかっていうことから、ぼくの表現の道というのは、始まった気がするので、TBSラジオ、あんまりおべっか使うみたいであれなんですけど、でもね、ほんとに、TBSラジオが無ければ、多分ぼくは、いなかったと思うんで。今日は演奏できてとっても光栄です。

4/4
子供をあやしながら、志村けん追悼特別番組の録画を見る。合わせて、『アメトーーク』の「みちょぱすごいぞ芸人」を見る。方々でその取り上げ方が批判されていたが、むべなるかな、と思った。
TLで、Zoomというアプリを使ったオンライン飲み会に関するツイートを目にし始める。やりたいなあ、と思いつつ、上手く出来なそうでもあって、いつものとおり、憧れるだけである。
ジェーン・スーの『生活は踊る』の1コーナーの「追悼 #志村けん さん~志村さんが愛したソウルミュージック」をエリアフリータイムフリーで聞く。

4/5
朝一番、という時間帯でもない、10時頃に、大きめなスーパーへと行ったら、思った以上に人がいて、ビビる。

※たしか、この日はマスクをせずにスーパーに行っていたということを一応記録しておく。

4/6
沖縄のイオンにて、新型コロナの感染者が出たというニュースを見て、その身近さに驚く。
同じ班に、ずっと喋る奴がいることが発覚。つらい。しかも、「コロナさん」や、子供をうちの小動物が、とかいうタイプで相当に厳しい。
ゴリけんが、新型コロナに感染したというニュースも見る。誰かが、『ゴリパラ見聞録』は不要不急なことしかしていないと言ってて、笑う。福岡に遊びに行った時、ちょうど、ロケをしている、矢野ペペがいない状態の、ゴリパラを見たのだが、写真を取ってもらえば良かったね、という話を未だに妻とする。

4/7
新業務、引き継ぎ業務、コロナ関係の会議と、三つの業務をやっていて、『ホームアローン』の冒頭くらい忙しさで一日が終った。
母親から、ウシーミーの連絡が来て、その無防備さにキレそうになる。ウシーミーとは、本土でいう、お盆のようなものであり、親族が集まるのだが、あまりにも沖縄は、コロナ感染拡大のフリが効きすぎている。
今週の『ONEPIECE』にて、ジンベエが正式にルフィ海賊団に加入。名前が出てから22年とのこと。
厳密にはいつだったか覚えていないが、東浩紀の『観光客の哲学』という本を帰宅してからは読んでいる。一度読んで、頓挫し、そこから二年くらい経っているだろうか。ゆっくり読んだら、前よりは内容に追いつけているし、面白い。

4/8
伊集院さんの『どうぶつの森』の配信のアーカイブを聞きながら、新年度までの日記をブログにアップする。
星野源の「うちに踊ろう」の画像と、加藤茶の「ガーリックトーストの歌」の画像を合わせてアップすることを思い付き、ゲラゲラ笑いながらアップするも、誰からもお気に入りを貰えず。サザンの桑田さんが、なんて凄い曲を作ってしまったんだと思ったら、全然売れなかった『イエローマン 〜星の王子様〜』みたいな話か?

4/9
特になし

4/10
新型コロナの対策の作業を、職場で行う。こういう時に、露骨にはしゃいでいることが漏れている人間を心の底から軽蔑してしまうので、必要以上にローテンションで作業をしていた。さて、どうなるのだろうか、これから。
出勤の形態が変わりそうだ。
『ONEOISECE』の「ワノ国」編が始まる九十巻から読みなおす。

告知

 twitterでもツイートをしましたが、4/25発売のQuickJapan149号にて、「emotion」というカルチャーについてのコラムを電柱理論名義で担当いたしました。その中で、「とあるテレビを見るという行為」について書いていますので、手に取っていただけたらと思います。
 続きまして、告知のハスってないverです。
 4/25発売のQuickJapan149号での「emotion」というカルチャーについて語るコーナーで、テレビを見る行為について書きました!!アンケートやツイートで反応してください!!!!!!最高のデビューにさせてくれや!!!!!!!!
 
 はい、というわけで、あのQuickJapanさんに書いた文章を掲載してもらえることになりました。電柱理論とは、使用しているラジオネームで、気持ちをお笑い芸人に例えるなら、地下でずっとライブに出ていたところに、やっとゴールデンでネタを披露する場を設けられたという感じで、ひとつの夢が叶いました。もちろん、初めてのことで、デビューということになるのですが、1ページも貰えているという僕にして見たらもったいないくらいの破格のデビュー戦です。インターネットに長文をあげてから、おおよそ9年かかりました。真空ジェシカが、ラジオの特別番組『ラジオ父ちゃん』をやった時に、川北が「ここからの芸人です。もしくは、ここまでの芸人です」と言って笑いを誘ったように、これをデビューと称しているのは、今後に繋がればいいな、という思いがもちろんめちゃくちゃあるからですが、そういった僕のかかりは置いておいて、気軽に手に取っていただけたらと思います。

  ここからは余談ですが、普段のブログと違う、とても勉強になったところは、文字数に制限があるということです。いつから、多く書いたほうがいいのではないかという、もちろん、書きたいことがあるということは前提として、やや強迫観念のようにも取り憑かれていたのですが、紙幅に限りがあるということについて考えることはとても楽しかったです。あんまり、説明しても、野暮なのでこれくらいにしておきますが、間違いなく言えることは、界王拳3倍を使ったように密度と文脈をぶちこみ、ぼくのブログをずっと読んでいた人ならさらに行間を読めるテキストになっていると思います。

 ほんとうによろしくお願いします。