石をつかんで潜め(Nip the Buds)

ex俺だって日藝中退したかった

重要な夢の競演のお知らせ。

どうも、こんばんは。 それはともかく、アイドルファンは重要なお知らせという言葉を、お笑いファンは夢の共演という言葉に苦い思い出を持つといいますが、当ブログより重要な夢の競演のお知らせがあります。 「俺だって日藝中退したかった」というブログを…

食洗機を買ったことについて

以下の文章は妻が書きました。芸人界隈では嫁という言葉が当たり前になっているのに、俳優が言うと炎上するという難易度バラバラな炎上なのでこういう文章を載せること自体、リスクなような気がしますが、読んでいただけたら幸いです。ちなみに、僕自身も、…

空気階段 第4回単独ライブ「anna」感想

水川かたまり演じる女性が、鈴木もぐら演じる男性に「それじゃ、行こっか」と声をかけ、その場から移動しようとしたところ、男性が「のりこさん!」と引きとどめ、ポケットから紙を出し、女性に向けて読み始める。その内容はプロポーズ。たどたどしく手紙を…

『俺の家の話』第一話感想 「そういうもんなんだよ」に「そういうもんだからだよ」で立ち向かう

「ロープに飛ばされている最中だが、今から俺の家の話をする」というセリフから始まった『俺の家の話』、第一話からとんでもなかったですね。 まず、ストーリー展開が凄かった。 長瀬智也演じる観山寿一が、プロレスラーを引退し、西田敏行演じる能楽師であ…

2021年のベスト配信ライブ『マヂカルラブリーno寄席』感想

2021年のベスト配信ライブが『マヂカルラブリーno寄席』に決まったみたいですね。 マヂカルラブリーが、『M-1』を優勝したご祝儀という意味合いで、何の気なしに買った配信ライブが、こんな凄いことになるとは夢にも思いませんでした。一時間で終わって、む…

個々の進化がぶつかり合った大会『M-1グランプリ2020』(『M-1グランプリ2020』感想)

水川かたまりの離婚の余波もそこそこに、幕を開けた『M-1グランプリ2020』。ギミックも仕掛けも盛りだくさんで、かつ、出順の妙もあり、まるでテン年代の漫才を総括するようだった昨年の『M-1グランプリ2019』は、漫才という藝を拡張するような大会だったが…

ロングコートダディ単独ライブ「たゆたうアンノウン」

『キングオブコント2020』で見た中で一番好きだったコントは、ロングコートダディのネタだった。堂前が演じる肉体作業のバイトに来た男が、兎演じる先輩に、仕事の内容を教えてもらうが、徐々に先輩の仕事の要領の悪さが明らかになるというものだった。仕事…

THEW感想

THEWを見ました。 『THEW』自体、始まって三年足らずで、ここまで多牌な賞レースになるとは思っていなかった。R-1グランプリが芸歴十年未満という制限をしたことで自ら、狂気の門を閉ざしてしまったことを考えると、『THEW』にガラパゴス化を突き進むという…

スピリチュアル好きは悪いだろ!

フォーリンラブの笹森の「バービーが大声で言いたい、スピリチュアルが好きで何が悪い」というインターネット上で連載されているコラムを読んだ。 最悪だなと思った。「私自身も今、各所で本音を言いすぎて少し疲弊している。」という部分で爆笑した以外に、…

女子メンタルは、ドキュメンタルという実験の結果なのか。

フジテレビの特番『まっちゃんねる』の中で、Amazonで配信されている、『ドキュメンタル』を女性タレントで行うという「女子メンタル」というコーナーがあったのだが、これが思った以上に、面白かったし、何より、現代のメディアにあるホモソーシャルの極地…

キングオブコント2020感想追記

テグス問題について。正直に言えば、何の批評性もない、擁護しようもないコメントだと思っているが、一番は、それを今言われても……と言うような、どうしようもないコメントであり、全くもって「優しくない」ものだった。 フルートがグローブをもって、舞台上…

キングオブコント2020感想

Gorillazの『Feel Good Inc.』の笑い声から始まったときから一味違うなと睨んでいた『キングオブコント2020』めちゃくちゃ良い大会でした。例年通り、誰が誰に何点を入れたかはあまり興味がないので省略します。 ・滝音「ラーメン」 さすけ演じるラーメンを…

フェミニズム関連の本を読んで思ったこと

とあるラジオにおける事件をきっかけに、前々から勉強しなければらならないと思っていた、フェミニズムについての本を数冊読み、今も何冊か読む予定である。 読んだのは、北村紗衣「お砂糖とスパイスと爆発的な何か」、田嶋陽子「愛という名の支配」、栗田隆…

ベストラジオ20のための備忘録

年末にやるベストラジオ20のための備忘録です。昨年何の気なしにやったら、ベストラジオのときにめちゃくちゃ役に立って、満足いくものになったので、今年もやります。まじでメモ程度です。 「東京ポッド許可局」 印象深いのは、「この志村けんが好き 論」…

岡村による舌禍事件を受けた爆笑問題カーボーイを聞いて思っちゃったこと。

『爆笑問題カーボーイ(2020.5.5)』では、オープニングから45分をかけて、ナインティンナインの岡村の舌禍事件を受けてのトークが繰り広げられた。太田がメインとなったそのトークは、全方位に配慮しつつも要点をきちんと抑え、そしてそれに笑いも交えると…

早稲田文学会『「笑い」はどこから来るのか?』での渋谷知美さんの文章が良かった件

早稲田文学会が発行している『「笑い」はどこから来るのか?』を読んだが、そのなかで、社会学者の渋谷知美が書いた「お笑いとジェンダーについての覚え書き」という文章が、感動を覚えるほどに良かった。まず、『ダウンタウンのごっつええ感じ』のコント「…

今、ONEPIECE本編めちゃくちゃ良いです。

www.instagram.com いつものように、『ONEPIECE』のコミックスの最新刊を買いに本屋へと行ったら、思わず、『ONEPIECE』の販売促進用のポスターを見て写真を撮ってしまった。96巻のためのそのポスターは、ロジャー海賊団のイラストに、「あの日おれ達は世…

4/1~4/10までの日記

4/1新年度初日。家庭の事情により、午後からの出勤。気持ち的に、新年度一発目は、フル出勤をしたかった。一応、別の班に異動になって席も変わったのだが、これまでの業務を行う。残業をすることになったので、フジテレビの志村けん追悼特別番組は、後日…

告知

twitterでもツイートをしましたが、4/25発売のQuickJapan149号にて、「emotion」というカルチャーについてのコラムを電柱理論名義で担当いたしました。その中で、「とあるテレビを見るという行為」について書いていますので、手に取っていただけたらと思いま…

怒りはすぐに濁るから、その涙だけを覚えておく

星野源がインスタグラムにアップした、「うちで踊ろう」という歌は、自由にコラボ、つまりは二次創作に利用していいと、自粛をする中でも楽しみを見出すという、桃を買いに行くだけでもトークを出来ると評されたオードリーの若林みたいな、2014年にバス…

新年度始まる前までの日記

東京から帰ってきて二週間経ったので、その時の日記を書こうと思います。 東京では永野のほかに、玉田企画の『今が、オールタイムベスト』を見てきました。玉田企画の代表作の様な作品の再演ということだが、面白かった。チケットの半券を自分で切るなどとい…

ただの最近の吐き出し。

細心の注意を払って東京に行き、コロナの潜伏期間であるといわれている最大値の2週間が経過した。これまで分断を進めてきた政府は、もちろん今になっても分断をすることによってのみ成立する判断を続けてくる。詳しいことは分からないが、嫌悪感のみがある…

永野の自由は撃てんよね。『ロフトプラスワン時代のネタをロフトナイン渋谷でやるライブ』感想

コロナウィルスに細心の注意を払って、永野の単独ライブ『ロフトプラスワン時代のネタをロフトナイン渋谷でやるライブ』を見てきました。端的に言って、最高でした。 「喉に餅がつまった新沼憲治」から始まり、ディルドを使ったコントで世界一笑える「ボロン…

各位!!同人誌第二弾「俗物ウィキペディア」発売のお知らせ!!!!

偶然にもちょうど二百記事目のようですが、この一年近く作業していた同人誌の二冊目が出来ました。そのお知らせと販売先のリンクです。これに合わせて、前作とのセット販売も行います。イベントに出るつもりはあんまりないので、こちらでお求めいただけたら…

生涯ベストとなった『ジョジョ・ラビット』レコメンド

まあそうなるだろうなとは思っていたが、空気階段の単独ライブが延期になったということが正式に発表された。同じく遠征で見に来る予定で会った友人も、行くのが難しくなったということもあって中止でも良いかなと覚悟はしていたのだが、実際そうなると、思…

「宮下草薙、知れば知るほど、分かんねえよ!」

毎週月曜日の深夜、赤坂で覇王がおしまいな歌を高らかに歌いあげている裏で、ひっそりと『宮下草薙の15分』が放送されている。2020年の1月7日から始まったこの番組は、タイトルの通り、宮下草薙の二人が15分ほど、しゃべるというラジオなのだが、…

評論とお笑い評論と積読の不思議

構成作家の方の「お笑い評論って音楽や映画とかほかの評論に比べて、100歩くらい遅れてますよね。そもそも必要かって論議から一歩も前に進まないし、プレイヤーは語らないのが美学って価値観あるし、ネットで語ってる人に過去の演芸を参照する人が少なすぎる…

ギャルの軽さは江戸の風

ぼくが嫌いなライターの吉田豪が「サブカル男子は40歳を超えると鬱になる」ということ言っていたが、二年ほど前に唐突に脳内に散逸している点と点が結びつき始めて、線となって、弾けて混ざり、最終的には「文系カルチャー青年は30過ぎたらギャル好きにな…

最近思っていること

おおよそ普段と変わらない日々を過ごしている。おおよそというのは、嫌な空気が蔓延しているな、というくらいで、それは、twitterをしているからで、もし、それを見ずに、メディアからの情報だけしか得ていないのであれば、インフルエンザが流行っているとい…

ヒライの大江戸カツ丼とミニうどんセット

『せっかくグルメ(2020.3.2)』で、日村さんが熊本に行っていて、そこでヒライを紹介されていた。ヒライとは、熊本のそこかしこにある弁当屋でありそこには、食券制のイートインスペースもあり、大学生時代に熊本に住んでいたころは週に2~3回ほど行って…