ラブレターズ単独ライブ第7回「SIREN」

ラブレターズ単独ライブ第7回「SIREN」を見てきました。会場は、大塚にある萬劇場でした。なかなかに場所的にも珍しかったのですが、これがまた駅からもほぼ一本道でわかりやすいうえに、キャパシティも130席ほどで、とてもいい。見終わって、改めて考えてみたのだけれど、芸風やその人らが持つパワーでも前後すると思うけれど、どんなネタでもこのくらいが一番良い射程距離なんじゃねえかなということ。少なくとも、100人ちょっとというのは、座席後方でも溜口の表情が見える距離で、塚本のどろっとした脚本を共有するのにちょうどいい人数という意味で、ラブレターズにとってはベストだと思う。DVDにもなっている『YOU SPIN ME ROUND』は、グローブ座という大きな劇場でのものだが、個人的にはそれよりも、いつもネタをやっているようなライブ会場で収録された特典映像の「ベストネタセレクション」のほうが、良さが出ていたと思っている。今回の単独はDVDになるみたいなのでネタの紹介は割愛しますが、とても良かったです。色々な角度からタイトル「サイレン」を連想させるネタは濃厚だった。どのネタも、求めていたラブレターズがそこにいた。Czecho No Republicが担当した音楽もそれぞれを彩る。幕間Vも捨てがなかった。いや、溜口四コマだけは捨てだな。何にせよ、贔屓目に見ないでもすごく良い単独ライブだったと思う。ラブレターズの二人が面白いと思うものを、客がそれを漏らさないように必死に受け止めにいくようなあの感じを体感出来て幸せだった。ラストに、流れたあの歌も良かった。今回の単独はDVDになるとのことなので、ぜひ、見てほしい。そして来年5月に同じ会場で単独をまたやってくれるので良ければ足を運んでほしい。