重要な夢の競演のお知らせ。

どうも、こんばんは。 それはともかく、アイドルファンは重要なお知らせという言葉を、お笑いファンは夢の共演という言葉に苦い思い出を持つといいますが、当ブログより重要な夢の競演のお知らせがあります。 「俺だって日藝中退したかった」というブログを…

脳が死んでいるので備忘録という意味で、次に遠征する時に読みかえすブログ

・新宿から下北沢までは小田急小田原線で一本で行けるが、入口は南口から入ってはいけないので気をつける。・ブルーボトルコーヒーを注文したら、30分ほど待たされたので、店員に聞いてみたら注文が通っていなかった。そんなことある?・渋谷で食事を探し…

最近の孤島

suchmosが紅白のあとに「餅は美味い」だけ呟いているけど、芸能人にクソリプ飛ばして炎上したあとに、普通のこと呟いて、さも平常運転ですみたいな感じ出してるやつじゃん。 元号大喜利や、前澤RT大喜利は、やってもやらなくても及第点を取れるのでやらない…

今年はナツイ・フェスタちゃんみたいにウケたいですね。

昨年は、ブログを書いていて、よくRTされたというのが、三つほどありまして、それが「邪悪な人間、濱田祐太郎」と「 『オールスター後夜祭’18秋』の「長嶋一茂の家の落書」と「範馬刃牙の家の落書」問題に感動した話。」、 「正しさと了見について、武田砂…

2018年に見たネタで印象に残った10本

今年見たお笑いのネタで印象に残ったネタ10本です。あんま順番関係ないです。 (1)たくろう「美容室」 『M-1グランプリ2018』の敗者復活戦で出会った、たくろう。 勝手にテンパってしまう赤木とそれを優しく正したり、すかしたりする木村バンド。この敗…

今年の汚れ今年のうちに2018

(1)ボヘミアン・ラプソディ見てきました。 僕とQueenといえば、高校生のころ、友人から教えてもらって、JOJOの元ネタだし、と思ってMDを作ってもらってそれを聞いてみたら、思いのほか良くて、しばらくハマって聞いていたくらいのレベルです。あと、苅部…

お笑イイはなしーさー2018

2018年もそろそろ終わり、平成も残りわずか、そんな時でもお笑いの世界では様々な事件がありました。その中で、個人的に良い話だと思った話をまとめてみました。ここでいう「良い話」はただの「良い話」ではなく、噛みしめれば噛みしめるほど味があると…

爆笑問題カーボーイOPの太田の挨拶で振り返る2018年

TBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』は番組がはじまると、太田がその週にあった時事に絡めた挨拶をしています。その挨拶で、2018年を振り返ってみたいと思います。 (1)2018年1月2日太田「あけおめ、ことよろ、春ま富士、一富士ニ鷹日馬富士、三遊亭夢太…

たくろう幻想を追い求めて

M-1グランプリ2018での一番の儲けものは、敗者復活でたくろうを知れたことだった。たくろうの「面白いことを言うだろう」という空気をまといながら、本当に面白いことを言っていく、そして練習を感じさせない、そんな漫才をしていた。番組を録画していなか…

慶安太平記あれこれ

「講談って、でかい本屋行っても、入門書すらないんですよ。落語は何冊もあるし、同じくらい馴染みのない能とか狂言もある。それとかは、コーナーがあったりすることもあるのに、講談は本が一冊もないんですよね」これは、少し前に、神田松之丞を勧めまくっ…

『M-1グランプリ2018』で立川志らくは何をどのように審査したのか。

『M-1グランプリ2018』を見ました。第一回大会からずっと見続けて来て、初めてリアルタイムで見ることが出来ませんでした。というのも、シソンヌのライブ『モノクロ』を見に行っていたからです。だから、よく聞く情報を遮断するという行為自体が初めて…

鼠穴とグロテスクさに、少し泣く。

先日、自転車で140キロ走ってきた。自転車をこいでいる時は、足が爆発しそうになっている半面、上半身と頭は元気なので、割と暇な気持ちになるので、海を見つつ、「俺は、落語や落語家が好きというよりは、古典落語が好きなだけだから、落語家になっても…

町田コーを読むとそういう文章を書きたくなるよね。

『アメトーーク』の「カメラかじってる芸人」を見ました。2013年に放送したものだったのですが、今も面白かったです。 いまさらですが、小藪無双をリアルタイムで見逃していたことを後悔するほどに笑いました。 小藪の撮るべきものは半径5Mの世界である…

面倒臭いの迷路

僕は自分が面倒臭い人間であることに自覚があるきちんとした面倒臭い人間である。 どれくらい面倒臭いかというと、今僕は、ヒゲを伸ばしているのだけど、こないだまでヒゲを伸ばすというからには、頬や口髭とあごひげがつながる部分を剃るのはおかしいのでは…

まんじゅう大帝国トークライブ『おしゃべり大外交#4』

まんじゅう大帝国のライブ『おしゃべり大外交』を見てきました。 ラジフェス初日の観覧を終えて、カプセルホテルで少しだけ休んだものの、体バッキバキの状態で数年ぶりのオールナイトライブということで、いろいろと心配でしたが老体に鞭打った甲斐がありま…

ドキュメンタリーラジオ『空気階段の踊り場』は、クズとマザコンのドンフライ高山戦。「もぐらご祝儀泥棒事件」から「かたまり号泣プロポーズ事件」まで。 

2018年10月12日放送の『空気階段の踊り場』で、パーソナリティーである空気階段の水川かたまりが、収録中に嗚咽を漏らして号泣してしまうという事件が起こった。 ことの発端はかたまりが禁煙しているという話の中で、かたまりが「お金を貯めないとい…

『オールスター後夜祭’18秋』の「長嶋一茂の家の落書」と「範馬刃牙の家の落書」問題に感動した話。

無事、二回目が開催された『オールスター後夜祭’18秋』、最高でしたね。 最高は最高でも、何が最高だったかは人によって分かれる、そんな最高と最高のミルクレープでした。有吉の恫喝パロディ、キャンプとか合宿で泊まった翌朝に見るまだ眠そうな同級生ぽ…

言う資格論

荻上チキの『日本の大問題』を読みました(大学を出ているので)。平易な言葉で勉強になることが沢山書かれていて、良い本でした。 中でも、「粗雑な分析に引っかからないために」というパートでの、「私はその国の言語を話せない人の分析はあまり参考にしな…

無力さを知るべきタイミングは、『うしおととら』原理主義者に他の藤田和日郎作品の素晴らしさを伝えることが出来ないときだけで十分。

まだまだボーっと「KOC(キングオブコント)」のことを考えている。 コロコロ変わるシステムについて。 『R1ぐらんぷり』は、始まった時からあまりにも大会としてどうかしている状態であったがゆえにガラパゴス化してしまい、アキラ100%やハリウッドザコ…

一定のダメージを与えると、「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と叫んで、冷凍チキンを大量に投げてくるタイプのボス

先日、BOOKOFFと、地方によくある「何でも買い取ります!」という巨大な中古ショップに行ってきたのだけれども、漫画がかなり少なくなっているということに気がついた。 探していたのは、『キン肉マン』や『ジャングルの王者 ターちゃん』などなのだけれど、…

『キングオブコント2018』感想

『キングオブコント2018』見ました。以下、感想。細かい点数などのデータなどは他で見てください。 ■10位 やさしいズ「時限爆弾」 会社員が、復讐のためにビルの中に爆弾を仕掛けたところに、清掃員が登場するというネタ。どこまでも噛み合わないやりと…

本当に地元での生活を楽しんでいる人間が「俺は地元の生活を楽しんでいる」という一文を、ブログのオチに使うわけがない。

夏の密航から帰ってきて、毎日をソビエトにいたころのウォーズマンのように粛々と過ごしている。この夏に変わったことといえば、『キン肉マン』を読み終えたので、この例えが体に入った状態で使えるようになったということぐらいだ。少し前に、仕事からの帰…

旅行で持っていくお金、二万円で良い説を検証(遠征でのお金と、キャッシュレス生活の話)。

8月30日から9月2日まで東京旅行してきました。その中で、自分の中でひとつの実験をしていました。それは、どれだけ、3泊4日という短くない旅行の中で、どれだけ現金を持ち歩かないで良いかというものでした。 話は遡りまして、少し前から、キャッシュ…

24時間待機の坂口杏里より、指名が取れない手コキ嬢

質問箱への回答です。 「youtube始めてからのエルカブキって厭さが前面に出てきちゃってませんか?」質問者の言わんとしているところは分からないではないです。事実、僕は全然youtube聴いていないです。マセキの浅草キッドです、という言葉が嫌過ぎるのと、…

『カメラを止めるな!』感想と「伏線」デフレ問題について。

『カメラを止めるな!』を見てきました。 以下、ネタバレを含む感想です。 鑑賞後の実感としては、単独ライブで見ることのできる良質な長尺なコントを見ているような爽やかな気持ちになりました。それが90分も続くわけですから、最高の映画ですよね。『木…

見えない敵と戦っていないか?

■これは最高に面白いって思った創作物はありますか?(お笑い以外で) 映画でいえば、『サマータイムマシーンブルース』、『バタフライエフェクト』ですね。どちらもタイムリープものです。漫画でいえば、『狂四郎2030』、『ボーイズオンザラン』『HUNTER×…

一年間で10キロ痩せるためには「うまい食事と適度な運動」、「それだけ」で良いよという話

昨年の2月あたりから、同期に誘われて運動を始めた。その時の体重は、大体67キロで、肥満体形だったので了承した。仕事を終えて、帰宅し、一段落した8時頃に集まって、運動するというもので、特にルールを定めず、一週間に2回くらいの頻度で実施した。…

『デルタホース#4』感想

ハライチ、さらば青春の光、相席スタートの三組の合同ライブ『デルタホース#4』を見てきました。 TBSのラジオ番組『ハライチのターン!』でもたびたび話題に出ていて、メンツも素晴らしく、凄く行きたいと思っていたところに、今回たまたま遠征に組み込む…

世に万葉のでたらめが舞うなり。「爆笑問題30周年記念単独ライブ『O2-T1』」感想

舞台照明が点くと、そこには田中扮する一人の男がイスに座っている。イスは何脚も並んでいるが、まだここがどこなのかは分からない。だらしなく着たスーツと、ゆるめられたネクタイから、男が仕事帰りのサラリーマンであろうかということが何となくわかる。…

正しさと了見について、武田砂鉄『日本の気配』を読んで思ったこと。

RADWIMPSが、『HINOMARU』という曲をリリースしたということで、歌詞の内容が軍歌的だと批判されたことを受けて、フロントマンで作詞作曲担当した野田洋次郎が謝罪をするということがあった。それを受けてコラムニストの能町みね子は、「批判されてすぐに謝…